Skip to main content

スキンケア失敗談、肌が白くなりすぎた

私は肌が白くなりすぎた、という失敗談があります。最近の化粧液は、機能が優れたものが多いので、私も釣られて買ってしまったけれど、

やっぱり、よく見るべきだったんだと、思います。
その失敗談とは、肌が白くなりすぎたこと。

美白化粧液を使いすぎ、私は、白人のようなお肌を手にいれました。

しかし、よく効能を知らずに買ったので、時すでに遅しという感じで、目的とは違った化粧品を購入してしまったのです。

美白化粧液を使うことによって、白すぎた肌は、まだ戻ることもなく、成分が肌に閉じ込められた状態で、存在しています。

私の肌に、まだ残ったままなのです。

化粧品に、ここまでの効果があるとは、思っていなかったので、私は、目的とちがうものを買ってしまったのだと、後悔しています。

いつでも落とせると思っていたので、効果が持続するなんて考えもしませんでした。

化粧液は、ものによってたくさんの成分が入っていて、肌から離れないものもある。

それを知ったときには、驚きましたが、ずっと肌の色が、かわりないとなると、大変なことだと悟りました。

化粧液の効果を軽く見すぎていたので、購入するときには気を付けたいなと思いました。

いつもはよく見てからかう化粧品も、効果とかに踊らされて買うと、大変なことになるのだと思いました。

自分にあった化粧品選びをするべきで、いい成分の入りすぎているものは、素人では買いにくいなと思いました。

安いものでいいので、目的にあったものを選び直したいです。

顔はちゃんと汚れを落とさないとどんどんたまっていくので、洗顔をしっかりしたいと思っています。どろあわわ(http://www.thebeeinc.com/)なら泡洗顔なので、すごいおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です